オススメ情報

ホーム > オススメ情報 > 上手なデータの作り方

上手なデータの作り方

データサイズ


青線:板寸
赤線:見寸

フレーム、フチなどにより見寸より出力寸法がはみ出す画像はトリムマーク(トンボ)が必要になってきます。

解像度は希望出力サイズで200〜300dpiを目安にしてください。大型(希望出力サイズ20u以上)の場合50〜100dpiを目安にしてください。

フォントのアウトライン化

データの受け渡しの際、文字化けがおきますので必ずフォントをアウトライン化してください。(アウトライン化する前に必ずバックアップしてください)

データの保存の仕方

データ拡張子:AI・EPS
カラーモード:CMYK

イラストレーターVer8.0以上(9.0・10.0・CS・CS2・CS3)でお願いします。

大型(希望出力サイズ20m²以上)は、Ver8.0以下でお願いします。

画像は「埋め込み」せずに、「配置」で貼りこんでください。出力見本のpdfもしくはjpgを添付してください。

カテゴリから探す

ご利用ガイド

オンデマンド印刷のご案内

出力機のご紹介

情報セキュリティ

運営会社である株式会社アドサービスはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得しています。
ISMS